忍者ブログ

こおり

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

検索


ビジネスマン対象の調査。マイナビニュースの記事です。今年4月から働き始めた新社会人300人、1988年~1990年のいわゆるバブル期に働き始めたビジネスマン300人を対象にインターネットで調査した結果だそうです。記事によると、新社会人、バブル世代共に9割近くが1日1回以上、スマートフォンを使ってインターネットにアクセスしているそうです。うん、1日1回はインターネットにアクセスするのは至極当然のような気がするのですが・・・^^;。だってインターネット接続目当てでスマートフォンにしたはずですから^^。分からない言葉があった時、新社会人→スマートフォンで検索、バブル世代→パソコンを使っている最中ならパソコン。
新社会人が当たり前のようにスマートフォンで検索をするのに対して、バブル世代は、パソコン検索を好む傾向があるとのこと。・・・バブル世代じゃないけどパソコン検索検索の方が楽ちんで好きですようちは♪^^。バブル世代はキーボードを好むそうです^^;。

安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
日本語URL効果が長く続かない理由。コンテンツが中長期的SEO効果齎す
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
被リンク対策のみのサービス提供(販売)も可能。SEOサービス種類・大別
競争の激しいキーワードで安定上位表示狙うにはSEO対策の継続必要か?
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換
PR