忍者ブログ

こおり

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


9割


これまたマイナビニュースの記事。「賃金上がるなら、9割がボーナスより月給--上がった場合は「貯金」最多」というタイトル。そりゃそうだ。年に二階のボーナスより、月給が上がった方が従業員は嬉しいです♪。そうなると、経営者は大変ですがね^^;。20歳~60歳代のせい写真200人に聞いた結果だそうです。月給が上がったら貯金したいか・・・。死語の世界でも貯金したお金が使えるというのであれば貯金するけど、死後の世界で使えないんだから、今使ってしまった方がいいと思うけどなぁうちは。だって長生きできる保証もないですしね。人間ですから。人それぞれ考えがあるのでうちが偉そうにとやかく言うことではないのですがね^^。ほぉ、興味深い結果ですね。
6割の人が、「働きぶりに見合う水準の賃金ではない」と答えています。もらい過ぎているというのではなく、「働きぶりに対して賃金が低い」ということです。みんなそんなに働いているんだね、そしてみんな能力高いんだね^^。

被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
新しい被リンクの評価安定に半年程。リンクエイジとビッグワード攻略
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示
SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
PR

強力


米マイクロソフト、通信の傍受に協力していたそうです。毎日新聞の記事です。「NSA:マイクロシフト、通信傍受に協力 英紙報道」というタイトルの記事。英紙のガーディアン電子版が、2013年7月11日に報じたそうです。NSAが通信を傍受しやすいように、米マイクロソフトが協力していたと・・・。ちょいとちょいとちょいとぉぉぉ!!!(怒)。あんなにグーグルを叩いていたじゃんよマイクソフト!!!。グーグルよりも悪質じゃん・・・。あのスノーデン氏の資料で判明したそうですよ。毎日新聞でスノーデン容疑者と表現されている・・・。容疑者なのか?スノーデン氏は。新しいポータルサイト導入の際に、チャットの情報が傍受できなくなるからというNSAの懸念に対して暗号化することを避けた。と具体的な例まで挙げられています。
?!、スカイドライブも?!。スカイドライブへのNSAのアクセスも容易にしていたそうです。マイクロソフト・・・ガッカリ・・・。

SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
1サイトでPCもスマホも対応のレスポンシブルWeb技術ならSEOも安全か?
キャバクラ系とアダルト系のSEO対策。キャバは全部、18禁は一部対応可
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
風俗サイトやキャバクラサイトが弊SEO対策サービス利用する際の条件
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる
中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
被リンクが認識されるとGoogleでは時間挟んで順位に反映、Bingは直ぐ
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
余計な被リンクが付いて無いURLほど被リンク対策で容易に順位上がる

検索


ビジネスマン対象の調査。マイナビニュースの記事です。今年4月から働き始めた新社会人300人、1988年~1990年のいわゆるバブル期に働き始めたビジネスマン300人を対象にインターネットで調査した結果だそうです。記事によると、新社会人、バブル世代共に9割近くが1日1回以上、スマートフォンを使ってインターネットにアクセスしているそうです。うん、1日1回はインターネットにアクセスするのは至極当然のような気がするのですが・・・^^;。だってインターネット接続目当てでスマートフォンにしたはずですから^^。分からない言葉があった時、新社会人→スマートフォンで検索、バブル世代→パソコンを使っている最中ならパソコン。
新社会人が当たり前のようにスマートフォンで検索をするのに対して、バブル世代は、パソコン検索を好む傾向があるとのこと。・・・バブル世代じゃないけどパソコン検索検索の方が楽ちんで好きですようちは♪^^。バブル世代はキーボードを好むそうです^^;。

安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
日本語URL効果が長く続かない理由。コンテンツが中長期的SEO効果齎す
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
被リンク対策のみのサービス提供(販売)も可能。SEOサービス種類・大別
競争の激しいキーワードで安定上位表示狙うにはSEO対策の継続必要か?
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換