忍者ブログ

こおり

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


トイレ


・・・トイレでスマホ・・・?。またまたマイナビニュースの記事です。あ、さっきの検索の調査って有名なアイレップさんが調査して発表していたのか。さらに、「4人に1人は職場のトイレでもスマホ利用」だそうですよ。どんだけよ・・・。まぁ外でも自転車に乗りながら、歩きながらスマートフォンをいじる位ですから、そりゃあトイレでスマートフォンをいじる位朝飯前か。スマートフォンそんなに好きなのかぁ、新社会人もバブル世代も。職場では、休憩中、ランチ中、トイレでスマートフォンをいじっている人が多いそうです。・・・そんなに電磁波浴びたくないよ(汗)。だから不眠症患者が増えてきているんじゃん。LEDの光が不眠症を引き起こしていると専門家がラジオで言っていました。昼はいいとして、夜にスマートフォンやパソコン、タブレットの光を目に入れることが、不眠症の原因だというのです。大体今はどこに行ってもLEDですからね。カフェの電気とかもLED使っているでしょうし。

催眠で問題を解決するサービス、豊島区
ヒプノでセラピー!池袋
PR

9割


これまたマイナビニュースの記事。「賃金上がるなら、9割がボーナスより月給--上がった場合は「貯金」最多」というタイトル。そりゃそうだ。年に二階のボーナスより、月給が上がった方が従業員は嬉しいです♪。そうなると、経営者は大変ですがね^^;。20歳~60歳代のせい写真200人に聞いた結果だそうです。月給が上がったら貯金したいか・・・。死語の世界でも貯金したお金が使えるというのであれば貯金するけど、死後の世界で使えないんだから、今使ってしまった方がいいと思うけどなぁうちは。だって長生きできる保証もないですしね。人間ですから。人それぞれ考えがあるのでうちが偉そうにとやかく言うことではないのですがね^^。ほぉ、興味深い結果ですね。
6割の人が、「働きぶりに見合う水準の賃金ではない」と答えています。もらい過ぎているというのではなく、「働きぶりに対して賃金が低い」ということです。みんなそんなに働いているんだね、そしてみんな能力高いんだね^^。

被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
新しい被リンクの評価安定に半年程。リンクエイジとビッグワード攻略
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示
SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない

変化


またまた産経新聞に載っていた記事です。政党のメディア戦略に変化 参院選挙活動ネットに乗り換えもというタイトルの記事です。テレビCMを取りやめた政党があります。民主党です。垂れ流しのテレビCMより、関心を持つ有権者が自ら身に来てくれるネットの方に力を入れたのだそうです。衆院選ではラジオCMを全国で流していた共産党。共産党も、今回の衆院選はインターネット一本だそうです。しかし、日本を取り戻すって、いつの日本を取り戻すのか具体的に表してほしいですねぇ。
それと、CM総合研究所のお話では、ネットは格安で主張を伝えられるが、利用者は若者が中心。テレビCMは幅広い層への訴求力がある」と。ですが、テレビCMを活用していなかった共産党が力を伸ばしてきていますよね?。これはどう説明してくれるのでしょうか^^。まぁいいですけど。候補者は昔に比べ静かになりましたね。選挙カーでうるさく回っていたのに、ここ最近静かな選挙活のような気がします。

SEOサービス
SEO対策 サービス
Bing SEO対策
会社 SEO対策
Google SEO対策
SEO 東京
SEO対策 キーワード
SEOコンサルティング サービス
激安SEO対策
SEO対策 料金
SEO対策 実績
検索エンジン対策 サービス
SEO対策 費用
SEM対策
SEO対策 検索